司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 2009年11月アーカイブ

埼玉県川口市の司法書士ブログ 2009年11月アーカイブ

紅葉 in 川口簡易裁判所

当事務所の隣は、川口簡易裁判所です。

春にも書いた気がしますが、裁判所の庭に八重桜が植えてあります。

春もすばらしいcherryblossom咲きっぷりを見せていますが、秋も良いもんです。

この八重桜の紅葉mapleが美しいです。黄色→オレンジ→赤→朱色のグラデーションが見事です。

葉っぱを1つ拾って、デスクに飾っています。

皆さんも小さな秋を探してみてはいかがですかmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


会社設立時に迷う、会社の組織形態

会社を設立するときに迷うのは、「どんな組織を設置するか」ということだと思いますsweat02

具体的には、取締役会や監査役を置くかどうかです。

私の私見としては、シンプルな会社組織形態をお勧めします。

特に「個人事業の法人成り」や「これから会社を立ち上げようとする方」には、シンプルがベストです。

お勧めのパターン
flag取締役会 なし
flag監査役  なし
flag譲渡制限 あり
flag株式発行 なし
flag役員任期 10年
出資者以外が役員になるケースでは、任期はもう少し短くしてもいいと思いますmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


 


みなし弁済とは・・・ 過払金の発生理論

貸金業法は、登録を受けた「貸金業者」が、業として行う利息契約をしたときに、前回述べた利息制限法に定める上限金利を越えていても、下記の条件を備える場合、「有効な利息の債務の弁済とみなす」と定めています(同法43条)。

one債務者が、利息として金銭を任意に支払ったこと
two貸主が、借主に対し、貸付けの契約締結後、遅滞なく、同法17条所定の事項を明記した書面
  (いわゆる17条書面)を交付したこと
three貸主が、借主に対し、弁済の都度、直ちに、同法18条所定の事項を記載した受取証書
  (いわゆる18条書面)を交付したこと
four出資法に違反しないこと(同法43条2項3号)

これを「みなし弁済」といいます。

この条件を満たして任意に利息を支払った場合には、利息制限法に定める利息の超過部分も、元本の弁済に充当されず、返還を請求できないとされているのです。

つまり、今現在、22%とか27%などの利率で取引をしている方(普通に消費者金融と取引している人)の状態がこれに当てはまりますimpact

しかし、このみなし弁済の要件を満たすことは、判例上、事実上不可能に近い事になっており、債務整理をすると残債が減ったり、過払金の返還請求ができることになりますmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


利息制限法

利息制限法では、「金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約」は、その利息が下記の利率により計算した金額を超えるとき、その超過部分につき無効と定めています(利息制限法1条1項)。

one元本が10万円未満の場合:年20%
two元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
three元本が100万円以上の場合:年15%

上記利息の利率を超えた部分は無効となるため、支払う義務はありません。
例外はいくつかありますが、これが基本です。

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


貸金業者の倒産

今年に入り、SFCGの破産申立て、ロプロの会社更生法申請・・・と貸金業者の倒産が続いています。

こうなってしまえば、残念ながら、過払金の返還は期待できませんrain

大手を除き、中小業者の状態は、大変厳しい状態が続いています。

いえ、武富士やアイフルといった大手でさえ、厳しい状態に変わりありません。

今後の債務整理業務は、相当の困難が予想されます。

過払金が満足に戻らなかったり、残債に将来利息が付く時代がやってくるのではないでしょうか。

しかし、債務整理をすれば、多くの場合、将来に向けて負担を軽くすることは可能ですhappy01

借入先や借入額を増やさなければいけない状態になったら・・・

早めにご相談下さいmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所

 

 


住宅ローンの滞納

住宅ローンの滞納は、2~3回分滞ると、法的な手続が開始されるケースが多いようです。

こうなった場合、まず最初に、債権者である金融機関に相談してみてください。

月々の返済額を少し減らして、返済期間を延長することも可能かもしれません。

しかしこの場合、目先の負担は減りますが、トータルの返済額は増えてしまうので、注意が必要です。

定年退職を迎えても返済が続く場合すらあります。

長い目で考えて、返済が難しいなと考えたら、消費者金融に手を出す前にご相談下さいmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


« 2009年10月 | メインページ | アーカイブ | 2010年1月 »

このページのトップへ