司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 2011年4月アーカイブ

埼玉県川口市の司法書士ブログ 2011年4月アーカイブ

武富士の過払金返還率は1割未満にとどまることが確実

 会社更生手続き中の消費者金融大手、武富士の支援企業を決める最終入札が31日、行われた。企業支援の実績が豊富な米投資ファンドのTPGが有力とみられ、武富士の管財人が4月半ばまでに最終決定する見通し。

 また、武富士に対する過払い利息の返還請求が増えたため、過払い利息の返還額は、請求額の1割未満にとどまることが確実になった。さらに、昨年9月の破綻直後に約4000億円だった負債総額は、社債などを含めて約1兆3000億円に膨らむとみられる。返還請求に対する原資が不足し、実際に受け取れる返還額は、請求額の5%以下になる可能性もある。との事です。

« 2011年3月 | メインページ | アーカイブ | 2011年5月 »

このページのトップへ