司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 2012年8月アーカイブ

埼玉県川口市の司法書士ブログ 2012年8月アーカイブ

在外邦人の署名証明書と居住証明書

先日、署名証明書について書きました。その後、実際に署名証明書が、エアーメールで届きました。

実物の署名証明書は、住所の記載がありませんでした。この領事館特有なのか、全ての領事館・大使館で同じ扱いになったのか不明です。

改めて、法務局に確認したところ、「合綴型」であれば、このまま住所の記載がない署名証明書でも使えるとの回答でした。

では、「分離型」では、どうしたらよいのでしょうか。この場合は、在留証明書or居住証明書を併せて添付すればよいとにこと。これは、日本の国籍を離れた、元日本人にも適用されるそうです。

署名証明書に住所の記載がなかったのは想定外でしたが、無事に決済日が迎えられそうですmoon3

« 2012年7月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ