司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 2012年10月アーカイブ

埼玉県川口市の司法書士ブログ 2012年10月アーカイブ

弁護士が成年後見人だまして4400万円を着服 福岡県弁護士会

福岡県弁護士会は25日、北九州部会所属の弁護士が、県内在住の女性の成年後見人をだまし、女性の口座から約4400万円を自分の口座に送金させ着服していたと発表した。弁護士会は懲戒処分を検討している。

同弁護士は病気などで業務ができなかったといい、「事務所経費や生活費に使った」と話しているという。

弁護士会によると、同弁護士は成年後見人の男性を監督する成年後見監督人。2010年9月~今年9月、男性に対し「裁判所から送金するよう指示があった」などとうそを言って、8回にわたって計約4400万円を送金させたという。(2012年10月25日時事通信配信)

========================================

事情があったとはいえ、弁護士が、騙して、お金を引き出すとは・・・。後見人が横領する話はよく聞きますが、後見監督人が後見人を騙すというのは、前代未聞ですmoon3


巨大なカブトムシの幼虫

夏の間、近所で捕まえたカブト虫を飼っていました。カブトムシには専用の土があるらしく、ホームセンターで一袋買って使っていました。

さて、夏が終わり気が付くと、カブトムシ用の土が袋に残ったまま、玄関に放置されていました。もったいないけど肥料になればと思い、狭い坪庭に蒔きました。

するとびっくり。思わず「ワーオ」と叫びました(事実!)。何と、ごろんと特大のカブトムシの幼虫が転がりだしましたsweat01。袋の中の土に、タマゴが混入していたに違いありません。良質の土の中で一人育った彼は、丸々と太り、巨大化していました。

仕方ないので、また土を虫かごに戻し、彼を中に入れました。来年まで大切に育てたいと思いますmoon3


« 2012年9月 | メインページ | アーカイブ | 2012年11月 »

このページのトップへ