司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 2013年8月アーカイブ

埼玉県川口市の司法書士ブログ 2013年8月アーカイブ

アイフルへの過払い金返還請求

アイフルの過払い金返還に関する対応をご報告します。

one訴外和解
概ね2ヶ月以内に、3~4割くらいが返還されます。

two訴訟
提訴後に、アイフルから移送申立がなされることが多いです。この移送申立が却下されたあと(今後はわかりませんが、現在のところ、アイフルの移送申立が認められたことはありません。)、口頭弁論期日が2,3回開かれますので、第一審の判決まで半年前後かかります。
そのあと控訴されることが多いので、控訴審でさらに3,4ヶ月かかります。大きな論点がなければ、その後に回収できます。
よって、裁判を使いますと、満額回収できる可能性が高まりますが、1年程度の期間を要します。

この2つの選択肢の中から、依頼者の皆様に選んでいただいて、方針を決定させていただきますmoon3

 

========================================

各種法律相談実施中です。相談無料ですので、お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


 


個人間のお金の貸し借り。回収したいなら・・・

友人間、男女間など、個人的な取引で、お金を融通することがあります。
その関係が上手くいっているときは問題になりませんが、その関係が破綻するとお金の問題になります。もちろん逆のパターンもあります(返済しない→関係破綻)。

個人に対する債権回収は、簡単ではありません。なぜなら、「お金がないから、返すことができない」からです。

それでも、訴訟を起こしてでも回収したい場合は、ある程度の「証拠」が必要になります。
「借用書」があると助かりますが、作っていないケースが大半です。「証拠」になるかは微妙ですが、貸し渡す際には銀行振込を利用しましょう。通帳に日付と金額が記載されます。それでも「もらった」と反論されると微妙です。

そして、裁判に勝ったとしても、次なる関門「強制執行」が立ちはだかります。預貯金の口座や不動産を知っていれば別段。そうでなければ、給与などを差押さえます。相手方がサラリーマンや公務員であれば執行可能ですが、アルバイトであれば難しいです。もちろん無職は×。親や家族名義の財産があっても差し押さえられません。

個人への債権回収は困難なことが多いです。関係が破綻する前にご相談下さい。


by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


« 2013年7月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »

このページのトップへ