司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 2014年7月アーカイブ

埼玉県川口市の司法書士ブログ 2014年7月アーカイブ

休眠会社のみなし解散

12年の間、役員変更など何らかの登記の申請が出されていない株式会社は、「休眠会社」となります。そして、法務局によって、職権で「解散」の登記がなされることになりました。

役員の任期は、最長でも10年ですので、忘れずに役員変更の登記を行いましょう。

念のため、今後の流れをご説明します。

平成26年11月17日以降、「休眠会社」には、法務局から通知が届きます。
これを無視していると、平成27年1月20日付けで、「解散」の登記がなされてしまいます。

よって、法務局から通知が来たら以下のような対応を取ってください。そうすれば、「解散の登記」を回避できます。
danger成27年1月19日までに、まだ事業を廃止していない旨の届出」を出す。
danger成27年1月19日までに、役員変更の登記を行う。

ご不明な点は、お問い合わせ下さいmoon3



« 2014年4月 | メインページ | アーカイブ | 2015年1月 »

このページのトップへ