司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 過払い請求の最近のブログ記事

埼玉県川口市の司法書士ブログ 過払い請求の最近のブログ記事

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
さっそくですが、昨年気になった点と、今年の展望などを書いてみたいと思います。

●債務整理・過払い請求について
・都内の非弁提携弁護士に依頼してしまった方の案件を数件受任しました。ひどい処理をされてしまい
お気の毒です。専門家選びは重要です。

・依頼者の意向に沿わない処理をする弁護士や司法書士を解任して、当職を新たな代理人とする方の件もありました。きちんと取り戻したいのか、減額しても早く返還金を受け取りたいのか。当事務所は、安易な和解はいたしません。依頼者のご希望をきちんと確認します。

・債務を弁済しないまま放置してしまった方の案件を数件受任しました。
放置してしまった事情は、人様々です。一概に非難できません。かし、放置しても何も解決しません。損害金だけが膨らんでいきます。
解決方法はいくつかありますので、放置せず、勇気を持って、すぐにご相談下さい。

・残念ながら、時効になってしまい、過払い金返還請求ができない案件がいくつかありました。
一般的には、最後の取引から10年を経過すると、消滅時効が成立します。料など必要ありませんので、思い立ったらご相談下さい。

●金銭トラブルについて
昨年多かったのが、男女間の金銭トラブルです。交際関係にあった方同士のトラブルが多いです。
貸したお金なのか、贈与したお金なのか、別れ際の感情のもつれも併せて問題になります。
一般論ですが、個人間のお金の貸し借りは、お勧めできません。返してもらえなくて困るお金なら
貸さない方が得策です。あげても良いと考えるなら、きちんと契約書を作成して、取引してください。

●会社登記について
12年間登記を怠っている会社は、休眠会社とみなされ、解散登記がされてしまいます。
長年登記を放っておいてしまった方は、早めにご相談下さい。

アイフルへの過払い金返還請求

アイフルの過払い金返還に関する対応をご報告します。

one訴外和解
概ね2ヶ月以内に、3~4割くらいが返還されます。

two訴訟
提訴後に、アイフルから移送申立がなされることが多いです。この移送申立が却下されたあと(今後はわかりませんが、現在のところ、アイフルの移送申立が認められたことはありません。)、口頭弁論期日が2,3回開かれますので、第一審の判決まで半年前後かかります。
そのあと控訴されることが多いので、控訴審でさらに3,4ヶ月かかります。大きな論点がなければ、その後に回収できます。
よって、裁判を使いますと、満額回収できる可能性が高まりますが、1年程度の期間を要します。

この2つの選択肢の中から、依頼者の皆様に選んでいただいて、方針を決定させていただきますmoon3

 

========================================

各種法律相談実施中です。相談無料ですので、お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


 


武富士創業家への過払い金請求で、借り手側が逆転敗訴 

 経営破綻した消費者金融大手「武富士」から過払い金が返還されなかったとして、横浜市の借り手5人が、創業家一族で元代表取締役の武井健晃氏に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、原告一部勝訴の一審横浜地裁判決を取り消し、請求を全面的に棄却した。

 原告側は、利息制限法の上限を超える金利を原則否定した2006年の最高裁判決などで、武富士側は過払い金の発生を認識したのに、顧客への貸金残高を計算し直さなかったと主張していた。

 斎藤隆裁判長は「多数の顧客を抱える武富士が、全ての取引について過払い金の有無を計算し直すのは現実的ではない。武富士が返済を受けたことが不法行為とはいえない」とした。【日本経済新聞 2012年11月30日】



 


不動産担保ローン切り替えに関する最高裁判決(過払い金返還請求訴訟)

平成24年9月11日、最高裁は、CFJ合同会社の不動産担保ローンへの切替について、一連性を認めた原審を破棄差戻しとしました。
この最高裁判例により、アコム・アイフルなど他の貸金業者が、不動産担保ローンへの切替事案について、一連性を認めないと主張してくることが予想されます。

しかし、本件最高裁で問題となった取引は、次に述べるような特徴的な取引であり、不動産担保切り替え案件全てに影響を及ぼすことはなさそうです。
第1取引 : リボルビング方式の金銭消費貸借
第2取引 : 担保権を設定した確定金額の金銭消費貸借契約
 

田原裁判官の補足意見がとても分かりやすいです。これを読めば、本件の特殊性がよくわかります。反対に、通常の不動産担保切り替えは、一連と判断される可能性が高い可能性を指摘しており、非常に分かりやすい判決といえるのではないでしょうかmoon3

=========================================

各種法律相談実施中です。相談無料ですので、お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所




草加市の債務整理、過払い金請求はお気軽に。相談無料です。

利息制限法を超過した利率で、貸金業者と長い間借入・返済を繰返していれば、大幅に元本が減ります。利率29・2%位で6年から7年間、借入・返済を繰返している場合、過払い金を元本に繰り入れていくと元本は0円となることが多いです。

たいへんな負債を負っていると思っていた貴方は、実は借金が無かったということもあるのです。
また、長い間借入・返済を繰返していると、元本はマイナスとなります。

これが本来の意味での過払いです。

マイナスとなっているお金は、取り戻すことが出来ます。

長い間苦労して支払っていた金額は、本来支払わなくて良かったものだったのです。

このお金を返してもらうことは、法律で認められた権利です。
請求を確実に行い、過払い金を取り戻しましょう。

貸金業者は次第に返還出来る体力がなくなってきています。
一刻も早く過払い金返還請求に着手することを、おススメいたします。




過払い金と税金

ひとくくりに「過払い金」という表現を使っていますが、これには内訳があることがあります。それは、過払金の元本と、それに付加された5%の利息部分です。

one貸金業者から返還された過払い金の元本に該当する金額に対しては税金がかかりません。

two貸金業者から返還された過払い金の利息部分には、次のように税金が課せられます。
・「利息部分」と 「ご自身の雑所得」の合計が20万円以下の場合は課税の対象になりません-
・「利息部分」と 「ご自身の雑所得」の合計が20万円以上の場合は課税の対象となります。税務署へ申告する必要があります。

ただ、自営業者など過払い金元本の支払いを経費扱いで処理している場合は、税務署に申告する必要があります。

以上、注意点を述べましたが、個々の案件については、詳しくは管轄の税務署にご確認下さいmoon3


過払い請求 川口市(過払金返還請求)

利息制限法を超過した利率で、貸金業者と長い間借入・返済を繰返していれば、大幅に元本が減ります。利率29・2%位で6年から7年間、借入・返済を繰返している場合、過払い金を元本に繰り入れていくと元本は0円となることが多いです。

たいへんな負債を負っていると思っていた貴方は、実は借金が無かったということもあるのです。
また、長い間借入・返済を繰返していると、元本はマイナスとなります。

これが本来の意味での過払いです。

マイナスとなっているお金は、取り戻すことが出来ます。

長い間苦労して支払っていた金額は、本来支払わなくて良かったものだったのです。

このお金を返してもらうことは、法律で認められた権利です。
請求を確実に行い、過払い金を取り戻しましょう。

貸金業者は次第に返還出来る体力がなくなってきています。
一刻も早く過払い金返還請求に着手することを、おススメいたします。




子会社債務はプロミスが継承する。過払い請求訴訟で最高裁が判断。

 消費者金融大手「プロミス」の子会社に過払い金利を支払った東京都の男性が、プロミスを相手に返還を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は30日、「プロミスは子会社の債務を全て引き受ける合意をした」と判断、請求を退けた一、二審判決を破棄し、返還額を確定するため審理を東京高裁に差し戻した。

 グループ再編によって廃業した子会社の過払い債務を、親会社のプロミスが継承するかどうかが争点だった。

 判決で同小法廷は、男性が借入先を子会社からプロミスに切り替えた際に、プロミス側は、グループ再編に伴う切り替えであることや、今後は紛争などの窓口がプロミスになることが記された融資申込書を示していたと指摘。プロミスが債務を全て引き受けたと判断した。(時事コムより)

タンポートからプロミスのへ一連計算を否定した判決についての最高裁判断です。クオークローンの取引とプロミスの取引を一連計算すべきであると判断したのですmoon3


過払い金返還訴訟で、最高裁が弁論。 高裁判決見直しか

 消費者金融業者が債務者に過払い金を返還する際、年利5%の利息を支払うべきかどうかが争われた2件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は、11月10日に弁論を開くことを決めた。
 書面審理が中心の最高裁が弁論を開くことから、「業者は返還の際、利息まで支払う必要はない」とした2件の高裁判決が見直される可能性が出てきた。債務者側に有利な判断をすれば、全国の同種訴訟に影響を与えそうだ。

 最高裁は07年、「業者は原則として過払い発生時から利息を支払う必要がある」との初判断を示したが、業者が過払いが起きていることを知らなかったという「特段の事情」があれば、支払い義務はないとした。これ以降、過払い金返還請求訴訟では、業者側に「特段の事情」があるかどうかが争点となり、1、2審の判断が分かれている。

 弁論が開かれる2件のうち、1件は奈良市の債務者が「プロミス」(東京)を相手に約160万円の過払い金と利息の支払いを求め、もう1件は川崎市の債務者が「CFJ」(同)を相手に約500万円と利息の支払いを求めた訴訟。(毎日新聞)
==========================================

 貸金業者によりますが、当職が担当している事件では、CFJとアイフルが、必ずと言っていいほどこの論点で争ってきます。この最高裁判決には、注目です!moon3


クラヴィス・プロミス過払い金返還訴訟 プロミス側、逆転敗訴か?

 廃業した貸金子会社から債権を譲渡された消費者金融「プロミス」(東京都)に、都内の債務者が子会社との間で生じた過払い金の返還を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は弁論期日を9月2日に指定した。債務者の請求を棄却した1、2審判決が見直され、プロミス側逆転敗訴の可能性が出てきた。

 1、2審判決によると、債務者は93年以降、子会社との間で借り入れと弁済を繰り返していたが、子会社が07年に廃業しプロミスが債権を引き継いだため、契約相手をプロミスに切り替えた。
 債務者は09年に提訴。1、2審判決は「債務者は契約を切り替える際、プロミスが子会社の一切の債務(過払い金など)について連帯責任を負うことに関し、具体的な意思表示をすることなく契約を結んだ」と債務者側敗訴の判決を言い渡していた。毎日新聞 2011年6月14日 東京朝刊

 プロミスは、当初は過払金の支払に応じていましたが、クラヴィス切り離し後は、支払を拒否していました。今まで、裁判所の判断も割れていましたが、これで統一見解が出されれば、債務者救済に道が開かれますmoon3


武富士の過払金返還率は1割未満にとどまることが確実

 会社更生手続き中の消費者金融大手、武富士の支援企業を決める最終入札が31日、行われた。企業支援の実績が豊富な米投資ファンドのTPGが有力とみられ、武富士の管財人が4月半ばまでに最終決定する見通し。

 また、武富士に対する過払い利息の返還請求が増えたため、過払い利息の返還額は、請求額の1割未満にとどまることが確実になった。さらに、昨年9月の破綻直後に約4000億円だった負債総額は、社債などを含めて約1兆3000億円に膨らむとみられる。返還請求に対する原資が不足し、実際に受け取れる返還額は、請求額の5%以下になる可能性もある。との事です。

レイク(新生フィナンシャル株式会社)取引履歴に開示漏れ

 「レイク」ブランドで事業展開する新生フィナンシャルは25日までに、取引履歴の開示請求に対し、約18万人の顧客に開示漏れの可能性があると発表しました。
過去に削除したとしていた取引の電子データが、システムのバックアップ上に一部残存していたという。開示漏れの恐れがあるのは1993年9月以前の取引記録で、2005年7月以降に開示を請求した顧客。

レイクは、平成5年以前のデータを開示しないので、対応に苦慮していましたが、やはり未開示データが出てきたようです。しかし、出てきたのはほんの僅かで、実務上は大きな変化はなさそうです。

レイクのホームページによると、判明した事実は以下のとおりです。
 ・取引データの削除を行った時期: 2003年1月~10月
 ・削除の対象となった取引データ:   1993年9月以前のお取引データ
 ・2005年7月以降当社に開示請求をされたお客様で、取引データの一部が開示されなかった 可能性
 のあるお客様の数: 最大約18万名
 ・今回発見されたバックアップデータの内容: 1993年9月以前からお取引のあるお客様がご契約の
 口座あたり1993年10月末から直近・最大3件の取引データ、1993年10月末時点の最終契約データ、
 当初貸付日、および1993年10月末時点における最終契約に基づく最 初の貸付金額
                          


武富士への過払い返還請求

会社更生手続中の武富士の管財人によると、平成23年1月末日時点での債権届出総数は33万件にのぼっているそうです。

潜在的な過払金債権者は200万人を超えていると言われていますので、まだまだ請求する人が増えそうです。

2月末日までに債権届出をしないと、失権する可能性がありますので、早めに対応することが肝要ですmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など

 


川口市 過払い請求

利息制限法以上の利率で同じ貸金業者と長い間借入・返済を繰返していれば、大幅に元本が減ります。利率29・2%位で6年から7年間同じ位の金額の借入・返済を繰返している場合、過払い金を元本に繰り入れていくと元本は0円となります。

たいへんな負債を負っていると思っていた貴方は、実は借金が無かったということもあるのです。

また、長い間借入・返済を繰返していると、元本はマイナスとなります。


これが本来の意味での過払いです。

マイナスとなっているお金は取り戻すことが出来ます。

長い間苦労して支払っていた金額は、本来支払わなくて良かったものだったのです。

このお金を返してもらうことは、貴方に法律で認められた権利です。
請求を確実に行い、過払い金を取り戻しましょう。

貸金業者は次第に返還出来る体力がなくなってきています。
一刻も早く過払い金返還請求に着手することを、おススメいたします。


各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


債務整理と過払い請求

初めて相談される方の中に、「過払い請求をお願いします。」とおっしゃる方がおられます。

もちろん、取引履歴が長い方や、完済してしまった方ではありません。どちらかといえば、取引履歴が短い方が多いですsweat02

どうでもいいことかもしれませんが、一応、用語の整理を・・・pen

大まかに言って、現在の債務を約定通りし払うことができない方は、債務整理をします。

この中で、引き直し計算をすると、過払いになってしまう方が「①過払い請求」に該当します。

残債が残ってしまう方は、「②任意整理」ということになります。

そして、①②で処理できないと「③民事再生」「④破産」ということになります。

まあ、法律で規定されているわけではないので、どう考えても構わないのですが、ひとまず整理してみましたmoon3

« 社会事件 | メインページ | アーカイブ | 離婚 »

このページのトップへ