司法書士 斉藤恭生事務所 > 埼玉県川口市の司法書士ブログ > アーカイブ > 消費者金融情報の最近のブログ記事

埼玉県川口市の司法書士ブログ 消費者金融情報の最近のブログ記事

新生フィナンシャル(レイク)取引履歴の開示漏れ

平成25年3月29日(金)、新生フィナンシャル、約4万人分の取引履歴の開示漏れが発覚しました。

2011年2月から約2年間にわたる社内調査を行った結果、「通常業務に使用していない」記録媒体から1993年9月以前の取引データが発見されました。2005年7月19日以降に同社に開示請求を行った顧客のうち、約4万人に上記データが開示されていない可能性が高いそうです。
今後の対応について、2013年5月末をめどに従来より管理している取引データに取り込む作業を終え、開示にを行うとのことです。
それまでは、これまでとおり今回発見されたデータが反映されていない取引履歴が開示されるため、取引年数が20年を超える可能性のある開示請求をする場合には注意が必要です。

レイクは、平成5年より前のデータを開示しませんので、これまでもトラブルになっていました。既に終了してしまった事件などの対応は、どのようなものなるのか、注目ですmoon3

========================================

各種法律相談実施中です。相談無料ですので、お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所




 


アイフルの決算発表

アイフルが今期の決算を発表発表しました。大幅なリストラ、過払い金返還原資縮小で業績好調のようです。

利息返還金が11年12月期には427億円ありましたが、12年12月期には243億円まで減るなど、営業費用全体で152億円の支出減となり、さらに純利益で前年比102億円増、245億円に達するなど、大きく黒字に転じているようです。


中小向け融資について、上限金利緩和へ

改正貸金業法などの見直しを検討している民主党の作業部会は5日、中小零細企業が現行の上限金利(年15~20%)を上回る金利で融資を受けられるよう、特例法の制定を求める方針で一致した。 
ただ、党内には上限金利緩和に対する慎重論もあり、意見集約ができるかどうかは不透明だ。 

出資法や利息制限法は年20%を超える融資を禁じているが、作業部会の案では、中小零細企業が緊急の資金を必要とした場合は20%超の金利での融資を認める方向だ。金利は年30%未満になる見通し。 融資期間は1年未満の短期とし、融資金額にも上限を設ける。 上限金利を上回る金利で融資できるのは、事前に登録した貸金業者に限定し、超高金利で貸す悪質な「ヤミ金業者」を排除することを検討する。 (2012年7月5日 読売新聞)

年収の3分の1を超える借入れができないという総量規制も見直す方針と報じられ、アコムやアイフルの株価はアップしているそうですmoon3


消費者金融クラヴィス自己破産 負債3268億円

消費者金融準大手のクラヴィス(大阪市都島区)が5日、大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人の弁護士が5日夜、明らかにした。負債総額は約3268億円。

破産管財人の小松陽一郎弁護士によると、利息を払いすぎた「過払い利息」を返すよう求める借り手が約46万人に上る可能性があるという。

小松弁護士の説明では、2006年ごろから過払い利息の請求に備える引当金の負担が増え、07年12月に営業をやめて、過払い債務者への返済をしてきた。その後、過払いの返済の金額が増えすぎて対応できなくなり、破産を申し立てたという。【asahi.com 2012年7月5日】


6月15日クラヴィスより下記お知らせがありました

各位
                        株式会社クラヴィス
                       代表取締役 蔵内 英人
            お知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
当社は、6月15日開催の取締役会にて、昨今の未曾有の過払い請求の状況を
踏まえ、その対応について法的見地から意見を求めるべく、今後の対応策に
ついての検討・判断を高井章光弁護士(東京都千代田区有楽町1-5-1日
比谷マリンビル8階 須藤・高井法律事務所。以下、「代理人」といいます。)
に委嘱致しました。
現在、資産負債内容、特に過払金返還債務の内容について調査中であり、そ
の調査結果を踏まえ、今後の対応策について代理人において検討を行う予定
であります。
なお、業務については、代理人の判断が出るまでは、代理人の指導のもと適
切に継続致す所存です。
本件に関するお問い合わせは、下記コールセンターへご連絡頂けますようお
願い申し上げます。

             記

    大阪府大阪市都島区東野田町2-8-8
    株式会社クラヴィス
    TEL:06-6356-3386
    営業時間:9:00~17:00
===================================================================
※高の正しい字は、口がはしごの高

クラヴィスは、リッチ⇒ぷらっと⇒クオークローンと商号を変えてきましたが、破産手続き等に入る予告と思われます。

=========================================

各種法律相談実施中です。相談無料ですので、お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所



ロプロ(旧武富士の債権)からの請求

最近、同じようなパターンの相談が増えています。それは・・・

旧武富士の債権ですが、債権を引き継いだロプロから請求されたものです。
しかしながら、どれも時効援用可能な債権で、私が相談を受けたものは、最後の支払から10年くらい過ぎているものもありました。

時効を援用するか否かは、援用権者の権利ですし、支払わずに放置した債務者の責任もあるので、この類の請求を頭から非難するつもりはありません。

しかしながら、期限を区切って「いついつまでに支払わないと法的手続を取る。少しでもいいから支払ってくれ」と催促の電話を受けた方もいます。時効制度を知らずに、つい支払ってしまう方もいるかもしれません。

真意は分かりませんが、時効にかかった債権について、何か意図を持って請求しているのなら、「やりかた」として非難は免れません。たまたま、この類の相談が重なっただけならいいのですが・・・

この手の催告を受けている方は、安易に支払う前に、専門家にご相談下さい。

=========================================

各種法律相談実施中です。相談無料ですので、お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所



アコム・アイフルが、3期ぶりに黒字決算

消費者金融大手のアコムとアイフルは2012年3月期決算で3期ぶりに連結最終黒字を確保した。

両社は顧客から過去に取りすぎた利息(過払い金)の返金で赤字が続いていたが、ようやく一服。貸金業者への規制強化で減っていた新規顧客も、前期はアコムが3期ぶりに増加に転じた。

アコムの最終損益は214億円の黒字(前の期は2026億円の赤字)、アイフルは173億円の黒字(同319億円の赤字)だった。両社は過払い金の返金に備えて引当金を毎期積んできたが、アコムの前期の引当金は488億円(前の期比80%減)にとどまった。アイフルも利息返金額が約3割減少した。

消費者金融は過払い金の返金負担が重く10年秋には武富士が経営破綻。年収の3分の1しか借り入れができないなど規制も強化され、顧客数は落ち込んでいた。

【2012年5月16日 日本経済新聞】


NISグループが民事再生法を申請しました。

東証2部上場の事業者向け金融、NISグループは9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、保全処分と監督命令を受けたと発表しました。負債総額は508億円で、増加する可能性もあります。


主要取引先だった日本振興銀行の経営破綻で、2011年3月期末に135億円の債務超過に陥っており、経営再建に向けて債権者と協議を進めたがまとまらなかった模様です。

原川城治社長は辞任し、大谷利興副社長が社長に昇格する。再生手続き開始が決まった日に就任する予定。東京証券取引所は同日、NISグループを6月10日付で上場廃止にすると発表しました。

【2012年5月10日 日本経済新聞】


アイフルが3期ぶりに黒字決算

消費者金融大手アイフルは2日、2012年3月期の連結決算で、税引き後利益が170億円になる見通しだと発表した。

黒字は09年3月期以来、3期ぶり。過去に取り過ぎた利息の返還請求に備えた引当金を積み増さずに済んだほか、経費削減などが効いた。

アイフルはこれまで、貸金業への規制強化などで事業環境が不透明だとして、12年3月期の業績予想を公表していなかった。 売上高にあたる営業収益は、貸付金が減ったために利息収入も減り、前年同期より309億円少ない1140億円を見込んでいる。 (読売新聞)

アイフルは、訴訟になると徹底的に争ってくる姿勢を崩しません。和解では、4割程度の返還しか認めず、依頼者が元本程度を希望しても、訴訟にせざるを得ません。この黒字決算で、こういった状況に変化が訪れるのでしょうか?

 


旧武富士の「TFK」、法人税の還付求め国を提訴

株式会社ロプロ(旧武富士)のHP掲載記事によると、平成24年3月1日、株式会社ロプロは、株式会社ロプロと更生会社株式会社武富士との会社分割(吸収分割)の分割対価の支払いを完了し、同日、更生会社株式会社武富士は、「TFK株式会社」に商号変更、株式会社ロプロがTFK株式会社の消費者金融事業を承継しています。

旧武富士の会社ロゴは、小さい青文字の「LOPRO」の横に黒く大きい太字で「武富士」と旧商号を入れたものになっています。

産経新聞 4月10日(火)18時51分配信記事によりますと、 旧武富士の「TFK」が、法人税の還付求め国を提訴 したそうです。

旧武富士の債務などを引き継いだ更生会社TFKは10日、武富士が納めた過去10年分の法人税約2374億円の還付を求め、国を相手取り東京地裁に提訴したと発表した。 TFKでは、課税対象となった武富士の利益は、違法と判断された"グレーゾーン金利"で得たもので、利用者への過払い返還に応じている以上、利益に課された法人税も返してもらう必要があると主張している。 旧武富士は、利息制限法の上限を超える"グレーゾーン金利"で貸し付け、多額の利益を得てきた。平成18年の最高裁判決で、同金利が法的に無効と判断されたことで、利用者からの過払い返還請求が相次ぎ、経営が悪化。平成22年に会社更生法の適用を申請し、経営破綻した。 債務などを引き継いだTFKでは、更生計画に従い利用者への弁済を進めている。法人税の還付が実現すれば、弁済の原資に充当するという。


プロミスが子会社への過払い金返還請求受け入れへ

過払い金返還請求プロミス受け入れ。

消費者金融大手のプロミスの子会社から借り入れをしていた男性らがプロミスに過払い金の返還を求めた訴訟の上告審弁論が30日、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)であった。

書面審理が中心の最高裁が弁論を開いたことで、原告敗訴の1、2審判決が見直される可能性が出ていたが、同社側は請求を受け入れる「認諾」を表明し、判決に至らず訴訟は終了した。

訴訟では、子会社の廃業後、親会社に過払い金の返還を請求できるかどうかが争点だった。原告側代理人によると、最高裁が弁論期日を指定した後の2月、同社側は請求額の2倍を支払うとした和解案を提示し、和解を拒否されると、請求認諾の書面を提出したという。この日の弁論で原告側は「意に沿わない判例を回避するための認諾を許せば、他の債権者が救済されない」と訴えたが、同小法廷は認諾の効力を認めた。

プロミス広報部の話「粛々と適切に訴訟手続きをしており、不利な判決を逃れるためだと言われるのは心外だ」

(2012年3月30日23時50分  読売新聞)


想定上回る過払い返還、アイフル希望退職者募集

経営再建中の消費者金融大手アイフルは19日、グループ全社員の約13%に当たる250人程度の希望退職者を募集すると発表した。

すでに約3000人を減らしたが、過去に取り過ぎた利息の返還金支払いが想定より多く、一段の人員削減が必要と判断した。契約社員ら非正社員も約200人減らすことで、年間約22億円の人件費をカットできると見ている。希望退職の募集期間は4月2日~20日で、退職は6月30日。特別退職金の支給などの費用は約16億円の見通し。

アイフルは、現在、銀行などからの借入金の返済を一時的に猶予してもらって再建を進めている。
読売新聞 3月19日(月)17時16分配信




三菱UFJと三井住友、モビット合弁解消へ交渉

三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループが、消費者金融モビット(東京・新宿区)を巡る合弁を解消する方向で交渉に入った。

モビットは、三菱東京UFJ銀行が50%、三井住友傘下の消費者金融大手プロミスが間接保有を含め計50%を、それぞれ出資している。合弁解消は、ライバル関係にある大手金融グループが手を組むねじれた資本関係を解消するためで、モビットの事業を分割する案などが浮上している。

モビットの本業である個人向け無担保ローン事業はプロミスが引き受け、地方銀行が個人向け無担保ローンを行う際に地銀に代わって審査したりする「保証業務」は、三菱UFJが譲り受ける案などが検討されている。今夏の決着を目指す。【2012年2月25日10時07分  読売新聞より】

過払い金返還最高ペース 消費者金融3社 今期3000億円程度

アコム、プロミス、アイフルの消費者金融大手3社が過去にとり過ぎた金利分を顧客に返す「過払い返還金」が、2012年3月期も前期に続き過去最高を更新する見通しだ。11年4~12月期の3社合計の返還金は前年同期比14%増の2242億円だった。

10年秋の武富士の破綻を機に増えた返還金が高止まりしている。返還に備えた引当金の積み増しを迫られる可能性もある。12年1月の返還金はアコムが前年同月比23%減の74億円、プロミスが同4%の86億円だった。今期の3社合計の返還金は通期で3000億円近くに達するとみられ、前期(2634億円)を上回るのはほぼ確実だ。

武富士の破綻以降、業界全体で返還金の請求件数が増加した。請求からお金の返還まで数ヶ月かかるため、現在でも返還金が高止まりしている。アコムは高水準の返還金支払いが続いていることを受け、引当金の積み増しを検討中だ。11年4~12月期の連結純利益が421億円と通期予想をほぼ達成したが、業績の上方修正は見送った。【2月22日 日本経済新聞 朝刊より(一部)】

武富士が、Jトラストを新スポンサーに選定

会社更生手続き中の武富士の管財人は28日、事業買収資金の支払いなど契約が履行されなかったとして、韓国消費者金融大手、A&Pファイナンシャルとのスポンサー契約を解除し、金融大手のJトラストと新たなスポンサー契約を締結したと発表した。

武富士は会社分割で債権者への支払い業務を切り離し、健全となった事業会社をJトラストが約252億円で買収する。武富士の約470人の社員は、ほぼJトラスト側が引き受ける見通し。Jトラストでは来年3月までに買収代金を支払い、貸金業の子会社と武富士を合併させる計画だ。

武富士の負債総額は1兆5千億円規模で、このうち過払い金の返還請求金額は総額約1兆4千億円に上る。スポンサー変更後も、債務者への弁済は2回に分けて行い、1回目の弁済率は3・3%とするなど弁済計画の内容は変わらない。

当初の更生計画では、A&Pが健全事業を約280億円で買収することになっていたが、その後の交渉で買収金額は247億円強まで減額されたうえ、支払い期日の28日になっても、入金されなかった。A&P側は資金手当てが付かなかったもようだ。

3月に行われた武富士のスポンサーを決める入札では、Jトラストも名乗りを上げていた。しかし、同社は4月、「選考過程における公平性・透明性が担保されていない」などとして選定から撤退した経緯がある。(産経新聞より)


武富士更生、韓国企業が撤退へ

会社更生手続き中の武富士のスポンサーである韓国消費者金融大手、A&Pファイナンシャルが、支援から撤退する見通しであることが28日、わかった。更生計画では、買収資金約280億円の支払期限は今月末だったが、現時点で支払われていない。

すでに後継スポンサー選びが進められているもようで、金融業のJトラストと米投資会社のTPGの2社が有力候補となっている。

 武富士の負債総額は1兆5000億円規模で、このうち過払い金の返還請求金額は総額約1兆000億円に上る。10月末に東京地裁が認可した武富士の更生計画では、債務者への弁済は2回に分けて行い、1回目の弁済率は3・3%となっていた。後継スポンサー選びでは、最低でもこの弁済率を達成することが条件となる。

武富士の管財人は今年3月末にスポンサーを決めるための入札を実施。A&Pなど5社が応札の最終候補として残り、Jトラストと米TPGも名乗りを上げていた。(産経新聞より)


武富士の更生計画が東京地裁から認可されました

 会社更生法の適用を受けて経営の立て直しを進めている消費者金融の「武富士」は、利用者が払いすぎた利息について、10月31日、裁判所の認可を受け、12月中旬ごろから返還を始めると明らかにしました。
 消費者金融の武富士は去年9月、会社更生法の適用を申請して経営破綻し、今後の経営再建の進め方を示す更生計画案を東京地方裁判所に提出していました。計画案は利用者から、払いすぎた利息として返還を求められている1兆3800億円余りについて、およそ450億円を返還するとしていますが、債権者である利用者の88%以上から同意が得られたことを受けて、10月31日、東京地方裁判所から認可されました。
 武富士では、この認可を受けて、12月中旬ごろから払われすぎていた利息の返還を始めることにしています。請求されている額に対して支払われるのは今のところ3.3%程度にとどまりますが、武富士では、資産の売却などをさらに進めて、追加の返還も検討したいとしてます。
(2011年10月31日 NHK NEWS WEB 参照)

三井住友銀がプロミス完全子会社化へ

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は30日、約20%出資する消費者金融大手プロミスを、株式公開買い付け(TOB)を通じて完全子会社化すると発表した。

 プロミスが12月に行う約1200億円の第三者割当増資も引き受ける。プロミス再生に向け、最大約2000億円を投じる計算だ。

 三井住友FGの久保哲也代表取締役は記者会見で、過去に取り過ぎた利息の返還請求件数が減少傾向にあるとしたうえで、「消費者金融のニーズ(需要)はしっかりと存在する。反転攻勢に出るには良いタイミングと判断した」と述べた。

 TOB期間は10月18日~11月30日。1株780円で買い取る予定で、取得金額は最大約800億円となる。TOBに応じないプロミスの株主には、三井住友FG株を割り当てる株式交換を実施し、来年4月の100%子会社化を目指す。(読売新聞より)

 


武富士の管財人が、創業家・旧役員を提訴

 会社更生手続き中の消費者金融・武富士の管財人は5日、武井保雄元会長(故人)の相続人ら創業家と同社の旧役員を相手取り、計約151億9000万円の株主配当の返還などを求める計3件の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こした。

 管財人によると、創業家の株主3人と関連法人6社に対し、2007年3月期から経営破綻前の10年3月期に受け取った株主配当(約129億4000万円)について、過払い利息を収益に計上して配当を行っていたものとして返還するよう求めている。

 また、6月に同社の経営責任調査委員会がまとめた報告書に基づいて、武井氏の相続人7人に対し、ジャーナリストへの盗聴事件で生じた訴訟費用と和解金など計約2億3000万円の損害賠償を求めた。(2011年10月6日  読売新聞)


カード売買装い貸金。元現金化業者が出資法違反で逮捕

 クレジットカードのショッピング枠を現金化する手法で高金利の融資をしたとして、警視庁生活経済課などは5日、東京都板橋区仲宿、元貸金業者で飲食店経営、橋本幸治容疑者(41)を出資法違反(高金利の受領など)容疑で逮捕した。業者側は商品売買を装うことで融資ではないとしていたが、警視庁は商品はほぼ無価値で実質的貸し付けと判断した。カードの現金化業者摘発は全国初という。

 逮捕容疑は、10年3月~今年1月、千葉県浦安市の男性(49)ら4人にネックレスやブレスレットの売買を装って現金を貸し、法定金利の最大23倍となる計約70万円の利息を受け取ったとしている。

 生活経済課によると、橋本容疑者は「逮捕されると思っていなかった」と否認しているという。商品とされたネックレスなどはおもちゃで、実質的価値は30~120円だった。

 橋本容疑者は、クレジットカード決済代行会社と契約、インターネットのサイトでカード現金化が違法ではないとうたって顧客を募集。顧客から、カード番号などを聞き、融資希望金額に応じた手数料を引いた額をキャッシュバックとして融資。商品代金としてカード決済代行会社に現金を請求、顧客にはほぼ無価値のおもちゃなどを送っていた。06年7月から約750人に計約4億3000万円を実質的に貸し付け、約8000万円の利益があったという。

 日本クレジット協会などによると、カードの現金化業者は、改正貸金業法が成立した06年以降、消費者金融などに代わり急増。売買取引の形を取っているとして貸金業法の規制対象にならないとされてきた。(8月5日 毎日新聞)

 ネットや繁華街でよく見かける「カード枠の現金化」。これは違法です。たとえ、この行為によって現金を得ることができても、それはピンハネされた少額の現金です。かならず利用者が損をしますmoon3


プロミスが40億円の最終黒字に転換 4~6月

 プロミスが29日発表した2011年4~6月期連結決算は、最終損益が40億3000万円の黒字(前年同期は42億4800万円の赤字)だった。
貸金業への規制を強めた改正貸金業法の完全施行の影響によって営業収益は落ち込んだが、前年同期に計上した希望退職に関連した特別損失が減少して黒字に転換した。
顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)への返還金は約274億円になるとの報道がありました。

日経電子版より


武富士の過払金弁済は、請求額の3.3%

平成23年7月15日、武富士が東京地裁に更生計画案を提出しました。

これによると、顧客に返還する過払金の弁済率が、請求額の3・3%になるそうです。

受け取れる返還額は大幅に減ることになりますmoon3


武富士創業者の遺族らを700人が提訴へ 過払い利息

武富士が経営破綻(はたん)したため、過去に払いすぎた「過払い利息」を返してもらえなくなったとして、元利用者約700人が創業者の武井保雄元会長の遺族らに損害賠償請求訴訟を起こす方針を決めた。

30日に宇都宮、東京、名古屋、広島、熊本など全国の地裁で一斉に提訴する。かつて取締役だった元会長の長男、次男のほか、元会長の妻も賠償責任を相続しているとして訴える。請求総額は約7億円という。

武富士は昨年9月に会社更生法の適用を申請し、倒産した。約90万人が総額1兆3800億円の過払い利息の返還を求めているが、返還額は一律9割超カットされ、請求額の5%前後になる見通しだ。
【6月16日付:asahi.com】



武富士の負債1兆5000億円

会社更生手続きを進めている消費者金融武富士の小畑英一管財人は6日の記者会見で、負債総額が1兆4949億円になったと発表した。昨年9月下旬の破綻時に公表した4336億円の約3.4倍。借り手からの返還請求を受けて認めた「過払い利息」の債務が総額1兆3700億円に上ったことが大きい。

破綻時までに請求のあった過払い利息は1713億円だったが、昨年10月から4カ月間、改めて受け付けを行った。負債額には社債約926億円も含まれる。一方、貸付金の減少で、返済原資となる資産が少なくなったため、最終的に戻って来る過払い利息は大幅にカットされる見通しだ。(時事通信) 

富士クレジットが「和解書」を武富士顧客に送る!

会社更生手続きを進める消費者金融「武富士」から債権譲渡を受けた「富士クレジット」(大阪市中央区)が、武富士などに一切の金銭的請求をしないことなどを条件とする「和解書」を一部の顧客に送り、署名・押印を求めていることが分かった。顧客の中には「和解したら、(残金の)返済はしなくていい」としか説明されていないケースもあり、多重債務問題に取り組む弁護士は、武富士への過払い金請求を封じる不法行為にあたる可能性があると指摘している。

過払い金を巡っては、最高裁が06年1月、利息制限法を超す金利は本来支払いの必要がないとする判決を出し、顧客の返還請求が可能になった。過払いになった武富士の顧客は推計で約200万人、過払い額2兆4000億円とされ、過払い金返還請求が経営破綻の一因となった。しかし、過払い金の債権届出手続きの期限は今月末に迫っている。

富士クレジットが出した和解書は4条からなり、武富士への債権届出を取り下げることなどを求めている。和解書を受け取った香川県の男性(51)は05年7月ごろに50万円を借り、月1万~2万円程度を返済。しかし昨年7月、富士クレジットに債権譲渡がされたとする通知書が武富士から送付され、その後、富士クレジットから残金3万数千円の一括返済を求められた。さらに今年1月、同社から「和解したら返済しなくてもいい」と言われ、和解書が送られてきた。過払い金に関する説明は何もなかったという。

金融庁は、貸手と借り手の間で債権の有無などを巡って争いがある場合、債権回収などの行為を行うと弁護士法やサービサー法(債権管理回収業特別措置法)に抵触する恐れがあるとしている。

富士クレジットは毎日新聞の取材に対し、「担当者が電話で顧客と話し、納得を得た上で和解書を送っている。問題ない」としている。(毎日新聞より)

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さい。


三菱UFJニコスが約1000億円増資

三菱UFJニコスは平成23年2月24日、親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループと農林中央金庫を引き受け先に、約1000億円の増資を実施すると発表した。
過払い金返還のための引当金を積み増し、財務体質を強化する。引受額の内訳は、三菱UFJが約850億円、農林中金が約150億円。過払い金返還の引当金は従来の700億円から1400億円に積み増し、今後の過払い返還リスクを最小化する。

これで、きちんと返していただけるのなら歓迎ですが・・・。ニコスは、過払い・残債ありの案件ともに、対応が遅いのが特徴です。他が全部終わっているのに、最後まで残ってしまうのがニコスです。返答待ちも2か月後・・・なんて言われることがありますmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題


「武富士」長男への課税取り消し 2000億円返還へ

経営破綻した消費者金融大手「武富士」の創業者の長男が、1300億円余りの追徴課税を取り消すよう求めた裁判で、最高裁判所は課税の取り消しを命じました。

 この裁判は、武富士の創業者である故武井保雄・元会長の長男、俊樹・元専務が、両親から生前贈与された資産をめぐり、東京国税局から1300億円余りを追徴課税されたのは不当だとして、課税を取り消すよう求めて上告していたものです。

 裁判では長男の生活の拠点が日本と香港のどちらにあったかが争点で、最高裁は贈与を受けた当時、「生活の実態は香港にあった」と認定し、1300億円余りの課税について高裁判決の取り消しを命じる逆転判決を言い渡しました。

 元専務に返還されるのは、納税分のほか、利子に相当する還付加算金など計2000億円弱とみられ、個人への還付では過去最高額となる見通しです。 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood


新生フィナンシャル株式会社(レイク)の対応

こちらからの過払い請求に対し、納得のいく返事をしてくれていた、数少ない業者の内の一つがレイク(新生フィナンシャル株式会社)でした。

ところが、今年になってから、少し雲行きが悪くなってきました。

よくて、元本の7~8割の返還が精一杯になってきたのです。悪意の5%を考慮に入れると、かなりの差額が発生してしまい、和解が成立することが難しくなってきました。

心当たりのある方、早めにご相談下さいmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


武富士への過払い返還請求

会社更生手続中の武富士の管財人によると、平成23年1月末日時点での債権届出総数は33万件にのぼっているそうです。

潜在的な過払金債権者は200万人を超えていると言われていますので、まだまだ請求する人が増えそうです。

2月末日までに債権届出をしないと、失権する可能性がありますので、早めに対応することが肝要ですmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など

 


カード現金化を取り締まりへ。トラブル急増で貸金業に認定検討

クレジットカードのショッピング枠を現金化し手数料を差し引いて多重債務者らに渡す「カード現金化業者」について、金融庁と経済産業省、警察庁は20日、「貸金業」とみなし、ヤミ金と同じ違法な無登録業者として取り締まる方向で検討に入った。無価値な商品を利用者に販売するという「物販」を隠れみのにしているため、これまで貸金業法や出資法の適用対象外と解釈され、取り締まる法律がなく、野放し状態となっている。関係省庁は、業務内容が実質的に貸金業にあたると判断した。(産経新聞より)

いわゆる「カードの現金化」を行うと、実質的に利息制限法を上回る負担になり、ヤミ金から借り入れると同じくらいの高利になってしまいます。

これに手を出さざるを得ない状況になったら、手を出す前に、早めにご相談下さい。

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


武富士への債権届出書

武富士から、「債権届出書」という封書が届いた方もいらっしゃるかと思います。

この債権届出書は、届出期限である平成23年2月28日までに、必ず届け出てください(同日必着)。

ただ、この際、その他の業者に借入がある方(あった方)は、専門家に相談することをお勧めします。なぜなら、その他の業者も過払いになっていたり、返済額が大幅に減少する可能性があるからですmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


債務整理・過払い請求 アコムの対応

たくさんある貸金業者の中で、最王手の一角を占めるアコムは、現在のところ、きちんとした対応を取っている数少ない業者の1つです。

今日現在、残債を支払う和解に誠実に対応してもらっています。

過払い金請求にも責任ある対応を取ってもらっているので、訴訟になるケースは少ないと感じています。
しかし、武富士の会社更生法申請から、取引履歴の開示請求が増加しており、このままの対応が今後も続く保証はありません。

多重債務に陥った方、過去に完済された方、債務整理・過払い請求をするのは早いに越したことはありませんmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


武富士、会社更生手続き開始決定

経営破綻した消費者金融大手の武富士は31日、東京地裁から会社更生手続きの開始決定を受けたと発表した。

武富士はスポンサー選定を本格化させるとともに、来年2月末まで、取りすぎた利息の返還請求を受け付ける。過払い利息の返還を請求出来るのは、現在取引があるか、過去10年以内に武富士への返済を終えた利用者だ。最大で200万人を超え、過払い利息の総額は2兆円を超える可能性がある。来年2月末で過払い利息の総額を確定させ、更生計画の本格策定に入る。

管財人に選任された小畑英一弁護士は記者会見で、「期間内に届け出をしないと権利を失う」と強調した。一方、来年3月までにスポンサー企業を決める予定だ。既に国内外のファンドや貸金会社など20社が関心を示しているという。(2010年10月31日20時30分  読売新聞)

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


プロミス、本社売却検討=武富士破綻で過払い請求急増を警戒

三井住友銀行傘下の消費者金融大手プロミスが、東京・大手町の一等地にある本社の売却を検討していることが28日、分かった。消費者金融各社は、利息制限法の上限金利を超えた「過払い利息」の返還請求に経営を圧迫され、9月には武富士が破綻(はたん)。その余波で過払い請求が一時的に増える可能性が高まっている。これが想定を超えれば、売却資金で返済原資を充実させて生き残りを図る方針だ。
 本社ビルの名称は「大手町パルビル」(地下3階、地上9階建て)で、敷地は2760平方メートル(約835坪)。プロミスが売却先と賃貸契約を結ぶリースバックなどを検討している。交渉相手には隣接地で再開発計画を持つ三井不動産の名前が挙がっている。[時事ドットコムより]

メガバンクの後ろ盾を持ち、債務整理の実務においても、それなりの対応をしてきたプロミスですが、今後は、難しい対応を取らざるを得なくなってくるのでしょうかmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題


アイフル テレビCM中止 ビジネクスト売却か

経営再建中の消費者金融大手アイフルが、テレビCMを中止することが22日、分かった。同社のCMでは、愛らしいチワワ犬の「くーちゃん」が人気を集めたが、武富士破綻の影響で、経営環境が一段と厳しさを増す中、さらなるリストラが必要と判断した。

また、中小企業向け無担保ローンを展開する子会社「ビジネクスト」を売却する方向で交渉しているほか、無人店舗の追加閉店にも踏み切る方針。

アイフルは昨年、私的整理の一種である「事業再生ADR」を申請。メーンバンクの住友信託銀などの支援を受け、事業再生に取り組んでいる。

同社は、2002年に放映を始めたチワワ犬の「くぅーちゃん」と俳優の清水章吾さん、アイドルの安田美沙子さんが競演したCMが一世を風靡し、知名度も一気にアップした。ただ、このCMは、強引な取り立てで全店営業停止の行政処分を受けた2006年に自粛で停止。翌年にCMは再開したが、くーちゃんシリーズは打ち切りとなった。同社のCMにはかつて、あべ静恵さんや松本伊代さんらも出演していたほか、無人機の「お自動さん」も人気だった。

このほか、中部地方にある無人店舗約30店の追加廃止も決め、CM中止と合わせ、数億円規模の経費を削減する。

一方、子会社の売却先は、東京スター銀行を軸に調整している。ビジネクストは2001年にアイフルが6割、住友信託銀行が4割を出資して設立。個人事業者や中小企業向けの融資を手掛けている。住友信託銀行の持ち分も売却する方向だ。

以上、ヤフーニュース、産経新聞より

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


武富士 今後の手続の進行予定

武富士が公表しているスケジュール(予定)は次のとおりです。
① 更生手続開始申立  平成22年9月28日
② 更生手続開始決定  平成22年11月前半頃まで
③ 債権届出期間    開始決定から4ヶ月以内
④ 認否書提出期限   債権届出期間から2ヶ月程度
⑤ 更生計画案の提出  平成23年夏頃
⑥ 更生計画案の投票  計画案の提出から2~3ヶ月 程度
⑦ 更生計画案の認可  計画案可決後、速やかに

この認可の後、数ヶ月内には、決定した「弁済割合」に従って、過払金が返還されるものと思われます。

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


 


消費者金融の過払い金返還相談2倍に

金融庁は15日、大手消費者金融の武富士が経営破綻した後、他の大手消費者金融では、利用者が払いすぎた利息を取り戻せる「過払い利息」の返還請求の相談件数が破綻前に比べ倍増した、との調査結果を発表した。

調査結果は同日、金融庁が開いた、改正貸金業法に関する関係団体からの意見聴取の場で報告された。

ますます消費者金融会社からの回収が困難になります。早めの相談をお勧めしますmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


武富士 会社更生法申請か

きょう更生法申請=武富士、社長ら引責辞任へ (時事通信)
 消費者金融大手の武富士は28日、会社更生法の適用を東京地裁に申し立てる。代表権を持つ清川昭社長と創業家の武井健晃副社長は引責辞任。現経営陣の一部は引き続き、経営に携わる見通し。

 東京商工リサーチによると、負債額は約4336億円。顧客が利息制限法の上限金利を超えて支払った「過払い利息」の未請求の返還債務を含めると、負債はさらに大幅に拡大する見込みだ。

 武富士は、借り手から過払い利息の返還請求が相次いだことから収益が悪化。他の消費者金融大手のように主要銀行の傘下に入らず、独立路線を続けたこともあり、資金繰りのめどが立たず自力再建を断念した。法的整理で過払い債務を圧縮し、再建支援先の下で出直しを図りたい考え。

 以上、速報を転載しました。しかしながら、まだ正式に裁判所への申立が行われたわけではないので、今後の推移を見守るしかありませんmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など


プロミス と ポケットバンク

「ポケットバンク」のブランドで、消費者金融を行っているのは、三洋信販という会社です。

以前からプロミスの傘下に入っていましたが、平成22年10月1日をもって、プロミスに吸収合併されることになりました。

プロミスとポケットバンクは同じグループ会社ですが、訴訟前の過払金返還率は、ポッケトカードの方がかなり悪かったです。

プロミスは、過払金の返還日が半年以上後になってきましたので、この合併を契機に、どんな対応の変化が出てくるのか、注視する必要がありますmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など

 

 


日本振興銀が破たん申請

日本振興銀行(東京都千代田区)は10日、東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行うこととなった。

 振興銀の預金は、預金者ひとり当たり元本1000万円までと、その利息の合計額について預金保険制度により保護され、ペイオフ発動の初の事例となる。

SFCGの債権を買い取ったりしていたので、末期的な状況であったことは、想像に難くありません。金利が高かったので、預金していた一般利用者も多いと思います。被害が少なくなるよう、祈るばかりですmoon3

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


消費者金融大手、新規貸出の割合過去最低に。7月は25%

6月の改正貸金業法の完全施行を受け、プロミス、アコム、アイフル、武富士の消費者金融大手4社が新たな貸し出しに応じた割合(成約率)が7月に平均25%と過去最低になった。4人のうち3人の融資を断った計算となり、新規貸し出しも前年同月比でほぼ半減した。

という記事が、日本経済新聞に掲載されています。

捉え方は様々ですが・・・

確実に言えることは、無担保貸金市場が急速に収縮し、各業者の経営環境が更なる悪化を辿るということでしょうかmoon3

 

****************************************

川口裁判所横、川口登記所前の
司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さいgood

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


CFJ(アイク・ディック・ユニマット)の対応

合同会社になったのは、皆さんご承知のとおりです。

その後の対応が注目されましたが、「それ程変わっていない」というのが、率直な感想です。

残債が残るケースでは、きちんと和解に応じてくれます(現在のところ)。

過払いになっているケースでは、和解段階で50%以上は望み薄です。それ以上は訴訟で決着を付けない限り、進展しません。

訴訟では、マルフク千代田トラストの債権を引き継いだ場合など、論点があるケースは別として、スムーズに処理が進みます。

CFJに債務がある方、お早めにご相談下さいmoon3



司法書士斉藤恭生事務所です。

各種法律相談実施中です。
お気軽にご相談下さい。

債務整理 過払い請求 会社設立 遺産相続遺言 不動産登記 離婚問題 など。

by埼玉県 川口・さいたま 司法書士斉藤恭生事務所


武富士の対応

今年初めまで、武富士の対応は、それなりに納得のいけるものでした。

しかし、4月頃から雲行きが怪しくなり、現在では、過払いの任意交渉では5割程度ですbearing

依頼者の希望により、提訴に踏み切った場合は概ね以下のとおりとなります。
①「追って準備する」旨の答弁書
②第2回期日直前に和解の申し出。支払時期は半年後。分割払いも提案される。
③取下、または、和解に替わる決定。

しかし、先日は、第2回の期日になっても、何の反応もありませんでしたsign02
結果は当然ながら「判決」です。
このまますんなり払ってくれるのか、心配になってしまいましたmoon3

プロミスの対応

次第に財務内容が悪化してゆく消費者金融業界ですが、その現実をお知らせしたいと思います。

プロミスは、9月頃から残債が残るケースでは、将来利息を要求するようになりました。

過払いのケースでは、和解交渉の段階で5割回答です。訴額が上がったり、約定残のとの差額が広がると、「司法書士の権限外である」との意味不明な理由で、交渉に応じません。よって、最近は訴訟になるケースが増えてきましたmoon3


アイフル、事業再生ADR手続きを申請へ

本日、アイフルが事業再生ADR手続を申請すると発表したそうです。

最近のアイフルは、過払金5割の返還を主張していました。今後の動向に目が離せませんmoon3

最近の執務動向(アイフル・武富士・プロミス)

実務に携わっていると、各金融会社の状態を肌で感じることができます。

いわゆる「大手」と言われている貸金業者に対して訴訟を起こすことは、昨年まではそれほど多くありませんでした。

ところが、今年の4月あたりからアイフルと武富士の対応が激変しました。過払金の返還は一律50%程度の対応となったのです。

これにより、訴訟案件が激増したことは言うまでもありません。

そして、ついに、あのプロミスまで、9月から同じことを言うようになりました。しかも、プロミスは残債が残るケースでの将来利息や一括返済を求めてくるようになりました。

日々流動化する債務整理の現状に、目が離せませんmoon3

http://hensai110.com/


« 成年後見 | メインページ | アーカイブ | 相続・遺言 »

このページのトップへ