司法書士 斉藤恭生事務所 > 裁判事務(家賃滞納・債権回収・詐欺・悪徳商法の訴訟問題)

裁判事務(家賃滞納・債権回収・詐欺・悪徳商法の訴訟問題)

家賃滞納・明渡

家賃を2ヶ月以上滞納されたら、何らかのアクションを起こすべきです。当事務所は初期段階からのコンサルティングを行います。早めの対応が、大家さんの出費を少なく抑えます。

一般的なフロー図

内容証明にて賃料支払い催告
司法書士名の内容証明で支払ってくることが多いです。
滞納分の支払い法などを相手方と協議して文書化します。
これでも支払わない悪質なケースは、提訴します。
訴訟提起
訴訟上の和解で済むことがほとんどですが、行方不明など特殊なケースでは、判決まで進みます。
判決
確定を待ちます。
催告執行
執行官とともに臨場し、1ヶ月ほどの猶予を与えて最後通告します。
明渡断行
執行官とともに臨場して荷物を全部運び出し、所有者に占有を戻します。

貸金訴訟

債権の回収を進めますが、個人同士であれば、相手方の資力の問題をご検討下さい。

その他、損害賠償・交通事故など、各種法律相談をお受けします。

このページのトップへ